現況調査報告書を見る

現況報告書は、裁判所から命じられた専門の執行官が競売不動産の事実関係を把握するために、調査を行い報告書にしたものです。執行官は裁判所の職員とは異なり、国の代理人として執行手続きを取り仕切る職責を負った人で競売実務のプロです。執行官が現場へ直接行き調査した結果ですので、十分に参考にできます。占有者がいる場合、買受希望者が気になるのはやはり、占有者が善良な人間かどうかというのは大変気になるところです。購入後自分で住もうと思っているのであれば、相手に引渡し命令を発することになります。その時なるべくトラブルにはなりたくないものですし、そのまま占有者が住む場合でも、買受者は所有者としてこの占有者と関わっていくのですから、占有者及び占有状況についての情報収集はこの現況調査報告書でしっかりやっておきましょう。

『占有者及び占有権原』欄を読む

この欄には占有者がいつからどのような契約で占有しているのかなどが細かく記載されています。購入後も占有者が賃貸料を支払い住み続けるような場合なら、家賃の金額設定する際の参考となります。

全国のWR250情報
GooBike - Powered by PROTO

『関係人の陳述など』『調査の経過』欄

この欄では陳述内容の中身もよく確認するのはもちろんですが、占有者が常識人なのか協力的な人なのかを読み取るように見てみるといいでしょう。またこの報告書には土地建物位置関係図、平面図、間取図及び物件の写真が添付されています。これは特に建物の中に入って見ることができない買受購入希望者には大変重要な資料となります。建物の外観と中身についての写真が添付されますので、こちらもよく確認しておきましょう。また、占有者がいる場合は、占有者の生活状況なども写真にはどうしても写ってしまいます。普通の人の感覚ならばこういった不特定多数の人が見る写真を撮られるわけですから、片付けると思われますがひどく荒れている家の様子だったりすると、占有者の常識度合いを疑ったりするようです。深読みしすぎと思われることもあるかも知れませんが、このような競売物件の報告書を読むときには、報告書の裏にある事情を読み取る努力が必要でしょう。