基本的な競売のしくみ

不動産競売を簡単に言えば、借金を返せなくなった債務者が所有している不動産を、売りに出したということです。悪く言えば、いわくつきの物件という言い方もされますので、競売物件を避ける方もいます。しかし、裁判所が売主となり執り行っている手続きですので、怪しい取引ではなく、法律に乗っ取って行われる正式な方法です。債務者が借金が返せなくなるとお金を回収できなくなった債権者は、債務者が所有している不動産を競売にかけるよう裁判所に申請します。裁判所が競売でこの不動産を売却し、売却した金額を債権者に支払います。