強制競売とは

例えば、消費者金融などからお金を借りている人が返済できなくなった時などに、債務者の不動産等(不動産以外も)の財産を差し押さえる訴えを裁判所に起こし、次に判決に基づき裁判所にその財産を売却し、売却代金から支払いを受けることができます。これを強制競売と呼ばれます。担保権の実行による競売の場合は、登記事項証明書などで元々融資時に設定した抵当権を示せれば競売の手続きができますが、強制競売の場合は判決による債務名義が前提となり、また売却までの手続きもかなり面倒なものとなります。

ビタミンに関する健康情報をここで入手