担保権の実行による競売

例えば、マンションを購入しようとする時、ほとんとの方がローンを利用すると思います。その時、ローンを融資する側(債権者)は途中でお金を借りる側(債務者)がローンを払えなくなった時のために、融資する条件として「抵当権」という権利を購入する不動産に付けることができます。債務者が何らかの事情で、途中からローンの支払いが困難になってしまったら、債権者はこの「抵当権」を元に裁判所へ不動産を競売へかけ、その売却金額から支払いを受けたいとの申立ができるのです。これが担保権(抵当権、先取特権、質権)に実行による競売と呼ばれます。

アスタキサンチンの天然成分の効果などの情報サイト